安倍川河口
陸プレートの境界線であり、フォッサマグナ(中央地溝帯)の西端でもある糸魚川静岡構造線。その南部に沿って流れる清流安倍川は、静岡市葵区の梅ヶ島温泉近くを源流として同市駿河区中島(かつては河口両岸が「駿河國有渡郡中島村」だった)で日本一深い駿河湾に注いでいる。全長五十キロメートルのうちにダムはひとつもなく、掘れば自噴する豊かな伏流水が静岡市に日本一の水道水を供給している。そもそも静岡市のこの平野は、急流安倍川によって形成されたものであり、安倍川が駿府の町を作ったといってよい。ちなみに「安倍川」は「あべかわ」と濁らず読むが、あべかわ餅を食べたいとなったら登呂遺跡にある「登呂もちの家」。皇室御用達の絶品が550円から。
◀ Prev.       “駿府” 静岡市のパワースポット 1 安倍川       ▶ Next
アドマック翻訳 全国どこでもメール&電話対応♪