最高の並べ方を見つけよう!! こちらは“PPD”『パーフェクト・パングラム・デスク』です。

日本語パングラムのルール(PPD提唱)

以下は当サイトによるルールです。


1 現代の日本語表記法の標準である「現代仮名遣い」で作ります

 「おわり(終わり)ましょう」

という書き方は、現代仮名遣いですが、これが「歴史的仮名遣ひ」(旧仮名遣い)では、

 「をはりませう」

となって、だいぶ様子が違います。
 「歴史的仮名遣ひ」は、たとえ部分的にであれ使わず、すべて現在新聞などで普通に使われている「現代仮名遣い」に統一しています。


2 現代仮名遣い46の仮名をすべて重複なく使います

 46の仮名とは、現在、日本の小学校などで教えている50音と同じ次の仮名です。

  あいうえお
  かきくけこ
  さしすせそ
  たちつてと
  なにぬねの
  はひふへほ
  まみむめも
  や ゆ よ
  らりるれろ
  わ   を
    ん

 ワ行の「ゐ」と「ゑ」は、現代仮名遣いでは使いませんから、使うことはできません。また、ヤ行を「やいゆえよ」と唱えますが、この中の「い」「え」は、ワ行の「う」と同様、ア行の仮名と同じですから重複して使うことはできません。
 また、カタカナを使うことは自由ですが、パングラム全体をひらがなに直したときに重複が出ないよう、全部で46字にしなければなりません。たとえば、「わ」を1回、「ワ」も1回と使えば、重複です。


3 拗音・促音の小文字も1回に数えます

 「きゃ」「きゅ」「きょ」などの小さい「や」「ゆ」「よ」や、「きっぷ」などの小さい「つ」も、一度使えば「や」「ゆ」「よ」や「つ」を使ったことになります。


4 長音符は母音の仮名にかえます

 カタカナ言葉に多い「ー」を「長音符(ちょうおんぷ)」、または「音引き(おんびき)」と言います。
 「珈琲」は、普通カタカナで「コーヒー」と書きますが、その発音は「コオヒイ」と書いた場合と同じになります。そうした重複を避けるため、長音符は使わず、「コーヒー」も「コオヒイ」としています。


5 濁音・半濁音も別の仮名とはしません

 「がぎぐげご」などの「゛」のつく音が「濁音(だくおん)」、「ぱぴぷぺぽ」の「゜」のつく音が「半濁音(はんだくおん)」と呼ばれています。これらも、「かきくけこ」や「はひふへほ」と重複しないように使います。「は」と「ば」を別の字として1回ずつ使うというようなことはできません。

 以上、1から5までをルールとしております。


6 パーフェクト・パングラムにおける用語と題名

 パングラム作品を「ひとつ」と数えるには、短歌などと同じように「〜首」という助数詞を使っています。
 パングラム作品の題名は、特につけないことを原則とし、パングラムの初めの仮名3字を題名の代わりに使っています。たとえば、「いろはにおえど…」ではじまれば「いろは」、「とりなくこえ…」ではじまれば「とりな」とします。

PPD主宰 興津諦の本(アドマック出版)

自己実現 思考革命《コスモパーム》 パングラムのホームへもどる ご連絡フォーム 縄文ネット 日本語研究ノート
© 1996-2008 Admac Inc. & Perfect Pangram Desk